深めたい!

春の運動会シーズン迫る。運動不足でも速く走れるようになるヨガ3種類&2つの裏技を厳選。1日5分の「俊足ヨガ」で仕事もスポーツもデキる男になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150411_031920~2

【ヨガ男子.com編集部】職場や子供の運動会は、デキる男の大舞台。運動不足でも、参加するからには結果を出したい。まして同僚や家族、ママ友の前で転ぶなんてありえない!今回は即効性のあるポーズ、裏技アイテムを駆使して速く走ることだけを追求します。仕事に追われるビジネスパーソンこそヨガ男子の素養あり。

おじさんが転ぶ2つの理由
歩く、走る、曲がる。700万年前に猿人が始めた二足歩行を受け継いでいるのが僕ら人間です。文明の力で道も舗装されたというのに、なぜおじさんは転ぶのか。

頭で描いている走りのテンポに脚力が追いつかず、上半身が前のめりになるから。正面にばたりと倒れるのが典型で、後ろにひっくり返るシーンは滅多にないですね。もうひとつが、コーナリング。体が外側に押し出される力に負けてふらつき、へたすれば隣の走者も道連れにしてばたり。これは太ももの内外の衰えと、腹筋・背筋の力も関係しています。

では、どうするか。

今から鍛えるのではなく、体の中でおやすみしている筋肉を目覚めさせること。そのためにヨガは最適です。呼吸とストレッチ、意識を組み合わせて覚醒しましょう。

俊足ヨガ3選
1.垂れたおしりも引き締まる「 椅子のポーズ」
Chair yoga Pose
つま先をそろえて立ち合掌。鼻から息を吸いながら両腕を真上に伸ばす。 鼻から息を吐きながら膝を曲げ、内ももを引き寄せる。両膝は足より前に突き出し、やや前傾。吸う息で腕を空にひとつ伸ばし、吐く息で腰をもう少し落とす。呼吸を続けたまま30秒〜1分キープする。吸う息で膝を伸ばし、吐く息で合掌を胸にもどす。

2.大きな歩幅で差をつける「戦士のポーズ1」

戦士のポーズ1

戦士のポーズ1

直立から両足を左右に1〜1.2mほど開く。両腕をまっすぐ天井に上げ、平行を維持。右足を45度内側に、左足を90度外側に開く。右と左のかかとは一直線上に。吐く息で胴体を左に向け、右かかとを強く下に押す。尾骨を床の方向へ伸ばして、胴体をやや後ろに反らす。息を吐きながら腰を落とす。両腕を強く天井に伸ばし、胸を骨盤から遠ざけるように引き上げる。後ろ足から胴体を通って両腕まで引き合う。可能なら、手のひらを合わせる。視線は前を見るか、やや後ろへ傾げて親指を見る。30秒〜1分キープする。息を吸ってかかとの裏で床を押し、両腕の方へ伸びて左膝をまっすぐにする。反対側を同じ長さで繰り返す。

3.風をきるコーナリングに「鷲のポーズ」
Yoga Eagle Pose
再び直立で合掌。やや膝を曲げて左足を持ち上げ、右足でバランスをとる。左腿を右腿の上に重ね、左つま先を床へ向けて右ふくらはぎにからめる。両腕をまっすぐ前に伸ばして床と平行に。肩甲骨を広げる。胴体の前で右腕が上になるように腕を交差。肘を曲げ、前腕が床に対して直角になるようにして両手のひらを向かい合わせにし、強く押し合う。肘を上げ、15〜30秒キープする。同じ長さで腕と脚を反対にして繰り返す。

裏技アイテム2つ
1 .巻くだけで強い体幹「腹筋サポーター」

腹巻きで足が速くなります。衰えた腹筋を鍛える代わりに、スポーツ用のサポーターは「着る筋肉」つまり動力のいらないパワーアシストスーツです。シャツの下に巻くので目立たない。腹筋と背筋のバランスを整え、ブレない体幹でいざ勝負。

第一三共が販売する「パテックス」で本体価格6000円。サイズも複数あるのがうれしいですね。
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/patecs_supporter_koshi/index.html

2 .履くドーピング「大人の駿足」

子供にせがまれたパパもいると思いますが、大人用もあるんです。特にコーナリングで頼もしい相棒。わかる人には気づかれますが、それも心理戦のひとつ。ライバルたちは「俺も買っておけば」と不安がったり、逆に「道具に頼るやつには負けん」と気負ったり。怒りがパワーになるのはルフィや孫悟空など少数派なので、スタート前のチラ見せで挑発してもよいでしょう。元気なイエローがベースで見た目にも軽快です。

メーカーはアキレスで本体価格4900円
http://achilles-webshop.com/SHOP/40384/85391/list.html

この記事を書いた人

ヨガ男子.com編集部
ヨガ男子.com編集部
ヨガのある暮らしを男性に提案するため取材・執筆に明け暮れる。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>