ヨギの本棚

沖縄の不都合な真実【ヨギの本棚】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
discover

列島はアジサイの季節。雨傘を新調しようと思い立ったものの、気がつけば心は流行りの夏服にくぎ付けに。そしてビニール傘はまた、リストラの危機をまぬがれる。だいたいこんな調子で四季に翻弄されながら、僕はいろんなことを思い、すぐに忘れてしまいます。

だからでしょうか。「○○から10年」とか半世紀とか、節目をうたう新聞記事やニュースが目に留まります。当時はあんなに騒いでいたのに、節目と言われた時にしか思い出さない自分に、いつもびっくりさせられます。

今年は戦後70年。この夏に35歳を迎える僕は、戦後のちょうど半分から後ろだけしか知りません。父親も知らない「戦争」に目を向けるのは、なんだか気が引けて、おっかない。そんな時に出会った本を紹介します。
沖縄本-2

著者は、現役の新聞記者。沖縄出身でもないし、戦後生まれの50代。沖縄を巡る戦史、文化、そして米軍基地問題などを語る視点はどこまでもドライで、冷静。「戦争モノ」「沖縄モノ」にありがちな過剰な感情移入や、自前の平和論への誘導がない。沖縄で遭遇する人々や現地報道、経済や国政までを観察して、少し離れた視点から読み解く筆致が特徴です。気負わず読めて、読み終わっても気が重くならない。

「戦後」という言葉がピンとこない、僕ら後半組世代におすすめしたい一冊です。ところで、タイトルの「沖縄の不都合な真実」。いったい誰にとっての「不都合」なのか?そんなクエスチョンを持ちながら読みとくと、いっそう楽しめると思います。

(編集長M)

ヨギとはヨガをする男性のこと。
本棚は持ち主が歩んだ人生の足あと。ヨガ男子たちが自分の本棚を眺め、お気に入りの数冊を紹介していきます。

この記事を書いた人

ヨガ男子.com編集部
ヨガ男子.com編集部
ヨガのある暮らしを男性に提案するため取材・執筆に明け暮れる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>